渋谷ほんまち社会保険労務士事務所



 中途採用者が多く、有休の起算日がバラバラだと法定の年次有給休暇付与方式では
従業員ごと、毎月繰越作業を行わなくてはならないので煩雑です。

そこで、起算日を4月1日など事業開始年度初日に統一する方式をお勧めします。
全社員一括して年次有給休暇の管理できるようになります。

しかしながら、基準日統一方式は入社初年度の有休付与の調整など面倒な作業が必要となります。

基準日を統一した「年次有給休暇管理表」を作成して提供します。自動計算でシンプルなエクセル表形式です。

  
よくある間違い・悩み


   ●雇い入れ日起算の付与方式だが、4/1を起算日として統一的に管理している。
     (違法の可能性があります。)

   ●雇い入れ日起算方式から基準日統一方式へと変えたいが、在籍社員については従来どおりの法定方式
     で年休を与えている。   (違法の可能性があります。)

   ●就業規則を基準日統一の年次有給休暇に改定したが、運用ができていない!

   ●前年の繰越日数がわからないので、基準日を統一できない!

   ●有休残日数をそのまま翌年に繰り越しているので有休が増える一方だ!  
    (2年間の時効があります。)

   ●年度途中で雇用契約を改定し所定労働日数が変わったので有休の付与日数もそれに応じて変えている!
    (有休は基準日に発生します。)

   ●8割以上の出勤率に満たない従業員に有休を与えていない。
    (前期繰越分は与える必要があります。)

   ●パート従業員には有休を与えていない!(違法です)
 
  
この「年次有給休暇管理表」の特徴


   A4横一枚のシンプルな一覧表です。

   お申込みいただいてから、データをいただき設定して納品しますので、面倒な設定は不要です。

   データの受け渡しはエクセル形式で送付していただきます。 

   繰越については、本年度消化分を本年度発生分をから充当することで繰越日数を抑えました。

   正社員からアルバイトまで適用。

   時間単位の設定可能。

   マクロを使用しない関数だけのエクセル形式なので自分でアレンジできます。

   就業規則記載例を添付

基準日統一の方法


年次有給休暇の基準日の統一については、いくつかの方法があります。

大きく分けると以下の3つの方法があります。

 (当方でご提供するのはオーソドックスなA方式です)

  方   法  メリットとデメリット 対応商品
  入社日に全員に10日付与。

その後、最初に到来する4/1に11日付与する。

(注)10/1以降入社者には付与しないことも可。
●利点
管理が簡単である。

●不利な点
入社当日から年休を与えることから、すでに在籍している労働者からすれば不公平感がある。
「年次有給休暇管理表」
V.4-1

初年度・入社日付与方式

  ●入社初年度のみ、前期(4/1〜9/30)入社者は10/1に10日付与。

その後法定通り翌年度4/1に11日付与。

●後期
(10/1〜3/31)の入社者は翌年度4/1に10日付与。


それ以降法定通り。
●利点
不公平感の軽減にある程度配慮している。

一律の付与日の設定の為、事務処理は比較的簡単である。



●不利な点
初年度に付与の有無を判断する必要がある。
 「年次有給休暇管理表」V.4-2

初年度10/1付与方式
  Aの付与方式と基本は同じですが、

後期(10/1〜3/31)の入社者については採用月によって段階的日数を定めて法定外の年休を付与する。
●利点
不公平感の軽減に配慮している。

●不利な点
煩雑で実際の運用は困難。
 
「年次有給休暇管理表
V.4-3

初年度段階的付与方式

 (参考)  基準日統一初年度の年次有給休暇付与日数             
 (例)2012年度入社 日数は基本日数で表示    
これを個々の社員に 適用し管理するのは 大変です!

入社月  4月 5月  6 月  7月  8月  9月  10月 11月  12 月  1月  2月  3月
   初年度入社日付与方式 2012年             入社日付与(10日)
2013年 4/1(11日)           
   初年度10/1付与方式  2012年   10/1(10日)      (0日)   
 2013年 4/1(11日)           4/1(10日)
   初年度段階的付与方式  2012年 10/1(10日)      9日  7日  5日  4日  3日  2日
 2013年 4/1(11日)           4/1(10日)




 (就業規則規定例) 
6カ月継続勤務し、所定労働日数の8割以上出勤した者には、4月1日 を基準日として10労働日の有給休暇を与える。その後は1年を超えるごとに勤続年数に応じて次の表に定める有給休暇を与える。
勤続年数 6カ月 1年6カ月 2年6カ月 3年6カ月 4年6カ月 5年6カ月 6年6カ月以上
付与日数 10 11 12 14 16 18 20
2.入社初年度の有給休暇については、4月1日から9月30日までに入社した者は10月1日をもって6か月継続勤務していたものとみなし10労働日の有給休暇を与え、最初に到来する4月1日の基準日に1年6か月継続勤務していたものとみなし11労働日の有給休暇を与える。
10月1日から3月31日までに入社した者は、最初に到来する4月1日の基準日に6か月継続勤務していたものとみなし10労働日の有給休暇を付与する。
3.有給休暇の請求は、前々日までに所属長に届出なければならない。
4.有給休暇は指定された時季に与えるものとするが、事業の正常な運営を妨げる場合は、他の時季に変更することができる。
5.有給休暇は、翌年度に限り繰り越すことができる。 繰越に関しては当該年度の新規発生分から先に消化日数を充当する。
6.有給休暇を取得した日については、通常の賃金を支給する。

 

年次有給休暇管理表
(基準日統一方式)

<内容見本> 

”もう迷わない”自動計算エクセル表!

面倒な移行作業や日数管理は不要。

超かんたんな一覧表示で一目瞭然

 ステップ 申し込みから納品までのプロセス 
1 試用申し込み後、一部使用制限のある「年次有給休暇管理表」を送付
2 貴社で運用可能確認後、請求書を送付、代金振込 
3  入金確認後、使用制限のない「年次有給休暇管理表」を送付。
 納品後  貴社で、各人ごとの有給休暇取得日数を入力して運用。
    
料金一式 28,500円(税別)
 
渋谷ほんまち社会保険労務士事務所

特定社会保険労務士 山代 隆雅
.090-8034-1824